VMware Workstation Player 15へのCentOS 8インストール手順

Vmware

CentOSはRed Hat Linuxと完全互換を目指した無償ディストリビューションでサーバー用途として企業で導入されるケースが多く需要が高いです。 また、オープンソース のため無償で利用することができ評価期間を考慮することなく十分な検証/学習ができます。

ISOイメージファイルはダウンロード、インストールすることができます。一連の手順・操作方法を画像を交え解説します。 検証、および学習環境は仮想端末へのインストールを推奨します。

本記事では、仮想端末(VMware Workstation Player)へのCentOS 8のOSインストール手順をご紹介します。

1.OSイメージファイルダウンロード

手順 1:
以下URL、CentOS公式サイトに接続し「CentOS Linux DVD ISO」を選択します。
https://www.centos.org/download/

「CentOS Linux DVD ISO」と「CentOS Stream DVD ISO」があります。
この2つの違いを解説します。

・CentOS Linux DVD ISO:数ヶ月~1年毎に更新していくリリースモデル
・CentOS Stream DVD ISO:~3ヶ月毎に頻繁に更新していく開発中のリリースモデル

CentOS Linux DVD ISOを選べば問題ありません。

手順 2:
CentOSのダウンロードサイトは複数サイトから選択できます。
自動で国内のダウンロード元のURL一覧が表示されます。

表示される一覧からいずれかをクリックしてダウンロードします。

手順 3:
CentOS OSイメージファイルがダウンロードされたことを確認します。
※自動でダウンロードフォルダにダウンロードされました。

CentOS 8、ISOイメージファイルサイズは約7.3GBあります。
ダウンロード時間は光回線100Mbpsの環境で15分程度掛かりました。

2.VMware Player ISOファイルマウント

手順 1:
デスクトップ上に作成されたショートカットアイコン
「 VMware Workstation Player 」を起動します。

※VMware Workstation 15 Playerは以下URL、VMware社公式サイトからダウンロードできます。
https://my.vmware.com/jp/web/vmware/downloads/info/slug/desktop_end_user_computing/vmware_workstation_player/15_0

手順 2:
「 新規仮想マシンの作成」を選択します。

手順 3:
「後でOSをインストール」を選択 –> 「次へ」を選択します。

「 インストーラディスクイメージファイル」を選択してインストールしましたがインストール失敗しました。VMWare Workstation 15 Playerが2019年9月にリリースされた CentOS 8に対応していないためだと思われます。

手順 4:
「Linux」を選択 –> 「CentOS7 64ビット」 –> 「次へ」を選択します。

バージョンに「CentOS 8」が表示されないのはVMWare Workstation 15 Playerが2019年9月にリリースされた CentOS 8に対応していないためだと思われます。”OSインストール作業上、問題ありません”。

手順 5:
「次へ」を選択します。

VMWare Workstation 15 PlayerがまだCentOS 8に対応していない為、仮想マシン名:は「CentOS 7 64ビット」と表示されます。”CentOS 8 64ビット”など分かりやすい名前にしましょう。

手順 6:
「次へ」を選択します。

仮想OS上に大容量のファイルをダウンロードしたり、要件がなければデフォルト値で問題ありません。

手順 7:
ダウンロードしたISOイメージファイルを読み込ませるため「ハードウェアをカスタマイズ」を選択します。

手順 8:
「新規CD/DVD」 –> 「ISOイメージファイルを使用する」 –> 「参照」からダウンロードしたファイルを指定 –>「閉じる」を選択します。

手順 9:
「完了」を選択します。

仮想端末のCPUのコア数・メモリ容量・ディスク容量などを
OSセットアップ時に変えたい場合は「ハードウェアをカスタマイズ」を選択し変更できます。

3.CentOS 8インストール

手順 1:
作成された仮想マシン「CentOS 8 64ビット」 –> 「仮想マシンの再生」を選択します。

手順 2:
このまま「 Enterキー 」を実行。

デフォルトで「Install CentOS Linux 8」が選択されています。

手順 3:
日本語 」 –> 「続行」を選択します。

手順 4:
インストールに必要な機能を集めた「インストール概要」画面が表示されます。
「インストール先」 –> 「完了」を選択します。

」が表示された部分が付いた項目の設定をするまでインストールは開始できません。

推奨は以下設定です。次項で説明致します。
・ネットワークとホスト名
・ソフトウェアの選択
・時刻と日付

特に設定変更理由がなければデフォルト値で問題ありません。
ディスクが1つしかない場合は、既にチェックが入っているため選択は不要です。

手順 5:
ネットワーク設定を行います。
「ネットワークとホスト名」 –> 「Ethernet(ens33)」をオン –> 「完了」を選択します。

手順 6:
「ソフトウェアの選択」 –> 「開発ツール」を有効 –> 「完了」を選択します。

・「ベース環境」はデフォルト値で「サーバー(GUI使用)」が選択されています。GUIではグラフィカルな操作が可能となります。

・「開発ツール」はインストール後すぐにgcc、makeなどのパッケージを利用できるようにチェックを有効にしました。

手順 7:
タイムゾーンを変更するため時刻と日付設定を行います。
時刻と日付 」 –> 「 日本 」を選択 –> 「 完了 」を選択します。

手順 8:
「インストールの開始」を選択します。

手順 9:
インストール処理中にシステムの管理者であるrootユーザーのパスワードを設定します。

rootはシステムに対してフルアクセス権を所有しています。
rootユーザーのパスワードの設定は必ず行いましょう。

手順 10:
「パスワードを入力」 –> 「 完了 」を選択します。

パスワードは英字大小、数字及び記号を混ぜ8桁以上のものを使うようにしましょう。

手順 11:
続いて一般ユーザーの設定を行います。
以下の設定値を任意で行ってください。

フルネーム ユーザーを認識するための設定値
ユーザー名 CentOSへログイン時に指定するユーザーアカウント
ユーザーを管理者にする rootユーザーへの切り替え許可
※管理権限が必要なアカウントにはチェック
このアカウントを使用する場合にパスワードを必要とする
ログイン時にパスワードを利用する
※チェックを推奨します
 
・パスワードは英字大小、数字及び記号を混ぜ8桁以上のものを使うようにしましょう。
・インストール後に変更することもできます。

手順 12:
画面左下の「完了しました!」を確認後 –>「再起動」を選択します。

・インストール完了するまで20分位掛かりました(端末によって異なります)

・画面が見切れていますが、 VMWare Workstation 15 PlayerがまだCentOS8に対応していないためだと思われます

手順 13:
自動的にCentOS8が起動します。

手順 14:
再起動後にライセンス認証が必要になります。
「License Information」を選択  –> 「ライセンス契約に同意します」を有効 –> 「完了」を選択します。

手順 15:
「 設定の完了 」を選択します。

4.CentOS 8ログイン

手順 1:
前手順で作成したユーザーを選択します。

手順 2:
前手順で設定したパスワード入力 –> 「 サインイン 」を選択します。

手順 3:
「次へ」をクリックします

手順 4:
「次へ」をクリックします

手順 5:
「位置情報サービス」をオフ –> 「次へ」をクリックします 

手順 6:
外部アカウントとの連携画面が表示されますが「スキップ」をクリックします

手順 7:
「CentOS Linuxを使い始める」を選択します。

任意内容を確認してください。
初めて使う方へ 」画面を閉じる場合は右上の「閉じる」を選択します。

手順 8:
CentOSにログインできました。

お疲れさまでした。
以上でOSインストール作業終了となります。
これからの学習の進め方は設定が多岐にわたるため参考書のご利用を推奨します。

5.まとめ

最後まで記事を見て頂いてありがとうございました。

仮想環境にCentOS 8のインストール手順をご紹介いたしました。2019年9月にCentOS 8がリリースされました。
パッケージ管理コマンド・時刻同期ソフトウェアなど変更しています。

Vmware
Shima Blog
タイトルとURLをコピーしました