Windows8.1

Windows8.1

【図解】Windows8.1 パソコン: ディスク クリーンアップ方法  

ディスククリーンアップは、不要なファイルを削除してディスクの空き容量を増やす機能です。「ダウンロードされたプログラムファイル」・「インターネット一時ファイル」・「ごみ箱」などのファイルを削除することでディスクの空き容量を増やせます。Cドライブが圧迫されWindowsの動作が重い・ドライブの空き領域が少なくなってきた場合、ディスククリーンアップは有効な方法です。
Windows8.1

【図解】Windows 8.1 パソコン: 追加ハードディスク・SSDを認識させ新しいドライブとして設定する方法

Windows 8.1がインストールされているハードディスク・SSDとは別に、追加するハードディスク・SSDを接続し認識させるためにはOS上で「ディスクの管理」->「ディスクの初期化」->「未割り当て」領域をフォーマットする必要があります。フォーマット後は新しいパーティション(Dドライブ・Eドライブなど)として利用することができます。
Windows8.1

【図解】Windows8.1 パソコン:無線 LAN ( Wi-Fi ) 機能が対応されているか確認する方法

Windows8.1 パソコンの無線 LAN ( Wi-Fi ) 機能が対応しているかどうかはデスクトップ画面左下の「Windowsアイコン」を右クリック ->「ネットワーク接続」を選択します。ネットワークインターフェースカードが無線 LANの機能を搭載していなければ「ネットワーク接続」項目一覧にWi-Fiのアイコンが表示されません。
Windows8.1

【図解】Windows 8.1 パソコン:Windowsの機能 アンインストール

Windows 8.1 機能のアンインストールは「コントロールパネル」->「 プログラムのアンインストール 」->「 Windows の機能の有効化または無効化 」で行います。Windowsの機能画面に一覧が表示され削除するプログラムのチェックボックスをオフにすることでアンインストールすることができます。
Windows8.1

【図解】Windows 8 / 8.1 パソコン:Wi-Fi(無線LAN)に接続する手順を解説

Windows8 / 8.1 パソコンから一般家庭向けに設置されているルーター経由でWi-Fi(アクセスポイント)からインターネットに接続する設定方法を解説します。ルーターの親機のラベルに記載されているネットワーク名(SSID)を選択・セキュリティキーをWindows8 / 8.1のパソコンから入力することで接続できます。
Windows8.1

【図解】Windows 8 / 8.1 パソコン:有線LANと無線LANの優先順位を変更する手順

NIC(ネットワークインターフェースカード)には、IPv4・IPv6それぞれにメトリックという数値があります。複数のNICがある場合、メトリック値に応じてどちらのNICを優先的に利用するかGUI(視覚的な操作)で優先度を指定することができます。本記事では、メトリック値の変更方法・タスクマネージャーを利用した確認方法を解説します。
Windows8.1

【図解】Windows 8.1 パソコン:インターネットインフォメーションサービス(IIS)のバージョン確認手順

Windows 8.1:インターネットインフォメーションサービス(IIS)をインストールしているバージョンをGUI・コマンドプロンプトを利用して確認する方法を解説します。
Windows8.1

【図解】Windows 8.1 パソコン:インターネットインフォメーションサービス(IIS)構築手順

Windows 8.1:インターネットインフォメーションサービスは、デフォルトでインストールされていません。機能を追加するには「コントロールパネル」->「プログラムとアンインストール」->「Windows の機能の有効化または無効化」でインターネットインフォメーションサービスのチェックボックスを有効化しインストールする必要があります。
Windows8.1

【図解】Windows 8.1 パソコン:PCスペック確認方法

Windows 8.1 パソコンのスペックの調べ方を紹介します。搭載しているCPUの種類・メモリ・ソフトウェアインストール時の対応ビット数が何か確認するケースは多いです。Windows 8.1の「システム」を利用することで、Windowsのエディション・プロセッサ・実装メモリ・システムの種類(32ビット・64ビット)を確認することができます。
Windows8.1

【図解】Windows 8.1 パソコン:Windows Defender 無効化 / 有効化手順

Windows Defenderは、Windows Vista以降のWindows OSに出荷時にあらかじめインストールされているセキュリティソフトウェアです。本記事では、Windows 8.1の「Windows Defender無効化」・「Windows Defender有効化」方法を解説します。
Windows8.1

【図解】Windows 8.1 パソコン:「.NET Framework 3.5」インストール手順

Windows8.1で利用するアプリケーションによっては.NET Framework 3.5 が必要となる場合があります。Windows8.1のデフォルト(初期状態)では.NET Framework 3.5 がインストールされていません。本記事では、「.NET Frameworkバージョン3.5」をインストールする方法を紹介します。
Windows8.1

【図解】Windows 8 / 8.1 パソコン:エクスプローラーの起動方法

エクスプローラーは、使用頻度が高いフォルダーを開くときに使う機能でファイラーと呼ばれる種類のプログラムです。C/Dドライブ・ダウンロード・ドキュメント・デスクトップ等を瞬時に表示できます。また、ファイル移動・ファイルコピー・プログラム起動など様々な場面でよく使うアプリケーションです。便利な機能のため活用しましょう。
Windows8.1

【デフォルト機能】Windows 8 /8.1 Pro(Windowsクライアント製品)へのリモートデスクトップ マルチセッション接続はできる??

Windowsサーバー製品では、ローカルグループポリシーエディターで[リモート デスクトップ サービス ユーザーに対してリモート デスクトップ サービス セッションを 1つに制限する] を無効に変更することで同一アカウントによるマルチセッション接続が可能ですが、Windows 8 / 8.1のデフォルト機能では同一アカウントでマルチセッション接続することはできません。
Windows8.1

【図解】Windows 8.1 Pro パソコン:「BitLocker To Go」によるUSBメモリ・外付けストレージ暗号化手順

Windows 8.1 Pro エディションには、「BitLocker To Go」が標準搭載しパソコンに接続されているリムーバブルディスク(USBメモリ・外付けハードディスクなど)を暗号化することができます。本記事では、Windows 8.1 Pro端末を利用し「BitLocker To Go」のUSBメモリ暗号化方法を解説します。
Windows8.1

【図解】Windows8.1 Pro パソコン:BitLockerによるローカルディスク暗号化手順

Windows 8.1 Pro エディションには、BitLockerが標準搭載しパソコンに内蔵されているディスク(HDD・SSD)を暗号化することができます。TPM非搭載でもローカルグループポリシーエディターで設定値を変更することでローカルディスクの暗号化が可能です。
Windows8.1

【図解】Classic Shell インストール:Windows 8.1 パソコンのスタートメニューをWindows7風にする手順

Classic Shelは、Windows 7/8/8.1/10のスタートメニューなどをWindows XP風に変更できるフリーソフトです。Windows 7/8/8.1/10へ乗り換え後、Windows XPからスタートメニューの操作性が変更されているため操作に馴染めずWindows XP以前にしたいユーザーにおすすめします。
Windows8.1

【図解】Windows 8.1 パソコン:「Windows Update」適用確認・ログ確認方法

Windows8.1 のパソコンで、適用済みWindows Update 更新プログラム(セキュリティパッチ)の確認はGUIおよび、コマンド(PowerShell・コマンドプロンプト)で表示・出力し確認することができます。本記事では、5種類の更新プログラム確認手順を解説します。
Windows8.1

【図解】Windows 8.1 パソコン:PC名(ホスト名)変更手順

PC名の長さは制限である最大63バイト、文字数の最大15文字以下を推奨します。今回は、Windows8.1でのコンピューター名の設定変更方法と補足としてコマンドプロンプト(cmd)によるPC名の確認方法を紹介します。
Windows8.1

【図解】Windows 8.1 Pro パソコン:ローカルユーザー作成・新規作成したアカウントでログインする手順

1台のパソコンを複数のユーザーでアカウントを使い分けたい場合は、ローカルアカウントのユーザーを追加することで個人専用のフォルダーやデスクトップを利用することができます。本記事では、Windows 8.1 Proエディションでのローカルアカウントのユーザー作成方法を解説します。
Windows8.1

【図解】Windows 8.1 パソコン:チェックディスク機能でHDD/SSDのエラーをチェックする方法

チェックディスクは、Windows OS標準で使われているドライブのエラーチェックツールです。システムエラーや不良セクタ(データが記録できなくなってしまった領域)を検知しエラーが発見された場合は、チェックディスクで修復できる可能性があります。本記事では、チェックディスク実行方法、イベントログによる結果確認方法を解説します。
Windows8.1

【図解】Windows8.1 パソコン:「Windows メモリ診断」実行・ログ確認手順

Windows8.1 を利用時に突然の再起動・ブルースクリーンエラー・フリーズが多く発生しパソコンが動かない場合はOS・ディスク・メモリの不具合などが考えられます。まずはWindows標準搭載ソフト「Windowsメモリ診断」をおすすめします。今回は、メモリ診断・およびイベントビューアーでのログ結果確認方法を紹介します。
Windows8.1

【図解】Windows8.1 Pro パソコン:Active Directory ドメインサービスの ユーザーを検索する方法

Active Directory ドメインサービス(AD DS)でドメインリソースのユーザー・連絡先およびグループ・コンピューター・プリンターなどを検索できる場所は「Active Directory の検索」から確認できます。本記事では、ドメイン参加しているWindows 8.1 Proの端末から検索する手順を説明します。
Windows8.1

【図解】Windows8.1 Pro パソコン:AD(Active Directory)ドメインから離脱しワークグループに戻す手順

本記事では、AD(Active Directory)にドメインに参加しているWindows8.1 ProエディションのPCをドメインから抜け、ワークグループに戻す手順を説明します。ワークグループへの変更はシステムのプロパティ画面から変更することができます。
Windows8.1

【図解】Windows 8.1 Pro パソコン:Active Directoryにドメイン参加する手順

Windows8.1 のドメイン参加ができるOSエディションの条件は、「Pro」です。Windows 8.1 エディションはドメイン参加機能はありません。本記事では、Windows8.1 Proの端末でデフォルト設定の「所属するグループ」ワークグループからドメイン参加する方法を解説します。
Translate »
タイトルとURLをコピーしました