【図解で理解】Google Chromeウェブブラウザーの閲覧履歴削除手順

etc

Google Chromeには閲覧したWebサイトの履歴・過去に閲覧したWebサイトを早く表示させるための機能(キャッシュ)がデフォルトで有効になっています。 個人利用ではあまり意識することはないと思いますが、他者と同じログインアカウントを共有しているパソコンでは仕事・プライベートに関わらず閲覧したサイト情報を削除したいケース、少なくないと思います。

また多くの閲覧履歴がある場合は履歴を削除することで、ディスクの空き容量を増やすこともできます。
今回は、GoogleChromeの閲覧履歴の削除方法をご紹介します。

スポンサーリンク

Google Chrome 閲覧履歴削除

手順 1:
Google Chromeブラウザ 右上のGoogle Chromeの設定 –>「設定」を選択します。

手順 2:
「 閲覧履歴データの削除 」を選択します。

手順 3:
基本設定–> 閲覧履歴データを削除する期間を選択します。

手順 4:
「 データの削除 」を選択します。

手順 5:
Google Chromeブラウザ 右上の「 Google Chromeの設定 」 –>「 履歴 」 –>「履歴」 を選択します。

閲覧履歴が削除されます。

etc
スポンサーリンク
Shima System Academy
Translate »
タイトルとURLをコピーしました