Windows8.1

Windows8.1

【図解】Windows 8.1 パソコン:「.NET Framework 3.5」インストール手順

Windows8.1で利用するアプリケーションによっては.NET Framework 3.5 が必要となる場合があります。Windows8.1のデフォルト(初期状態)では.NET Framework 3.5 がインストールされていません。本記事では、「.NET Frameworkバージョン3.5」をインストールする方法を紹介します。
Windows8.1

【図解】Windows 8 / 8.1 パソコン:エクスプローラーの起動方法

エクスプローラーは、使用頻度が高いフォルダーを開くときに使う機能でファイラーと呼ばれる種類のプログラムです。C/Dドライブ・ダウンロード・ドキュメント・デスクトップ等を瞬時に表示できます。また、ファイル移動・ファイルコピー・プログラム起動など様々な場面でよく使うアプリケーションです。便利な機能のため活用しましょう。
Windows8.1

【デフォルト機能】Windows 8 /8.1 Pro(Windowsクライアント製品)へのリモートデスクトップ マルチセッション接続はできる??

Windowsサーバー製品では、ローカルグループポリシーエディターで[リモート デスクトップ サービス ユーザーに対してリモート デスクトップ サービス セッションを 1つに制限する] を無効に変更することで同一アカウントによるマルチセッション接続が可能ですが、Windows 8 / 8.1のデフォルト機能では同一アカウントでマルチセッション接続することはできません。
Windows8.1

【図解】Windows 8.1 Pro:「BitLocker To Go」によるUSBメモリ・外付けストレージ暗号化手順

Windows 8.1 Pro エディションには、「BitLocker To Go」が標準搭載しパソコンに接続されているリムーバブルディスク(USBメモリ・外付けハードディスクなど)を暗号化することができます。本記事では、Windows 8.1 Pro端末を利用し「BitLocker To Go」のUSBメモリ暗号化方法を解説します。
Windows8.1

【図解】Windows8.1 Pro:BitLockerによるローカルディスク暗号化手順

Windows 8.1 Pro エディションには、BitLockerが標準搭載しパソコンに内蔵されているディスク(HDD・SSD)を暗号化することができます。TPM非搭載でもローカルグループポリシーエディターで設定値を変更することでローカルディスクの暗号化が可能です。
Windows8.1

Classic Shell インストール:Windows 8.1のスタートメニューをWindows7風にする手順

Classic Shelは、Windows 7/8/8.1/10のスタートメニューなどをWindows XP風に変更できるフリーソフトです。Windows 7/8/8.1/10へ乗り換え後、Windows XPからスタートメニューの操作性が変更されているため操作に馴染めずWindows XP以前にしたいユーザーにおすすめします。
Windows8.1

【図解】Windows 8.1:「Windows Update」適用確認・ログ確認方法

Windows8.1 のパソコンで、適用済みWindows Update 更新プログラム(セキュリティパッチ)の確認はGUIおよび、コマンド(PowerShell・コマンドプロンプト)で表示・出力し確認することができます。本記事では、5種類の更新プログラム確認手順を解説します。
Windows8.1

【図解】Windows 8.1:PC名(ホスト名)変更手順

PC名の長さは制限である最大63バイト、文字数の最大15文字以下を推奨します。今回は、Windows8.1でのコンピューター名の設定変更方法と補足としてコマンドプロンプト(cmd)によるPC名の確認方法を紹介します。
Windows8.1

【図解】Windows 8.1 Pro:ローカルユーザー作成・新規作成したアカウントでログインする手順

1台のパソコンを複数のユーザーでアカウントを使い分けたい場合は、ローカルアカウントのユーザーを追加することで個人専用のフォルダーやデスクトップを利用することができます。本記事では、Windows 8.1 Proエディションでのローカルアカウントのユーザー作成方法を解説します。
Windows8.1

【図解】Windows 8.1:チェックディスク機能でHDD/SSDのエラーをチェックする方法を解説

チェックディスクは、Windows OS標準で使われているドライブのエラーチェックツールです。システムエラーや不良セクタ(データが記録できなくなってしまった領域)を検知しエラーが発見された場合は、チェックディスクで修復できる可能性があります。本記事では、チェックディスク実行方法、イベントログによる結果確認方法を解説します。
Windows8.1

【図解】Windows8.1「Windows メモリ診断」実行・ログ確認手順

Windows8.1 を利用時に突然の再起動・ブルースクリーンエラー・フリーズが多く発生しパソコンが動かない場合はOS・ディスク・メモリの不具合などが考えられます。まずはWindows標準搭載ソフト「Windowsメモリ診断」をおすすめします。今回は、メモリ診断・およびイベントビューアでのログ結果確認方法を紹介します。
Windows8.1

【図解】Windows8.1 Pro:Active Directory ドメインサービスの ユーザーを検索する方法

Active Directory ドメインサービス(AD DS)でドメインリソースのユーザー・連絡先およびグループ・コンピューター・プリンターなどを検索できる場所は「Active Directory の検索」から確認できます。本記事では、ドメイン参加しているWindows 8.1 Proの端末から検索する手順を説明します。
Windows8.1

【図解】Windows8.1 Pro パソコン:AD(Active Directory)ドメインから離脱しワークグループに戻す手順

本記事では、AD(Active Directory)にドメインに参加しているWindows8.1 ProエディションのPCをドメインから抜け、ワークグループに戻す手順を説明します。
Windows8.1

【図解】Windows 8.1 Pro:Active Directoryにドメイン参加する手順

Windows8.1 のドメイン参加ができるOSエディションの条件は、「Pro」です。Windows 8.1 エディションはドメイン参加機能はありません。本記事では、Windows8.1 Proの端末でデフォルト設定の「所属するグループ」ワークグループからドメイン参加する方法を解説します。
Translate »
タイトルとURLをコピーしました